最低地上高:160mm ※同じ2気筒250ccのスーパースポーツ「ホンダ CBR250RR(41馬力)」はレッドゾーンが1万4000~1万6000回転 圧縮比:11.5:1 Rタイヤ:140/70R17M/C 66S(ラジアル) R3とR25は違う乗り物ですね。どちらがいいか聞かれても、余裕があれば2台所有したいくらい別物。MT-09とTRACERのようにモデル名が違っていても良かったのではないでしょうか(笑)。 キャスター/トレール:25.0°/ 95mm ホーム; バイク用品・バイクパーツ; ラインナップ; アクセサリー; yzf-r25; yzf-r25.  フルカウルを装備した外観は、両車ともサーキットが良く似合うアグレッシブでグラマラスなイメージ。前後ホイールはどちらも17インチを採用している。 思いっきり回してスポーツライドが楽しめる一台, YZF-R3は、R25同様「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに開発されました。  ヘッドランプの中央には、「YZR-M1」のアイデンティティであるセンターダクトを採用し、MotoGPマシン「YZR-M1」のイメージをさらに強調している。, ■カワサキ Ninja ZX-25R(SE KRT EDITION) 全長×全幅×全高:2,090mm×730mm×1,140mm 全長×全幅×全高:1,980mm×750mm×1,110mm  フロントタイヤは両車とも同サイズだが、リヤタイヤはNinja ZX-25Rが1サイズワイドな150をチョイス。, ▲Ninja ZX-25Rのシャーシ。重心位置、スイングアームピボットの位置、エンジン軸の位置、キャスター角など、シャーシの主要寸法は、スーパーバイク世界選手権に参戦しているレースマシン「Ninja ZX-10RR」のシャーシ設計思想を反映。 シート高:780mm yzf-r25のメーターの時計の設定をしたいのですがどうすれば良いのでしょうか 2015年モデルです バイク ツーリング帰りに千葉県を走っていました(今) NS-1なのですが、急にギアが入らなくなり1速にしても『かちっ』という音はなるのですが進んでくれません。 内径×行程(ボア径×ストローク長):50.0mm×31.8mm  筆者的には、もしも通勤・通学・街乗りをメインにバイク1台で全てを済ませるならば、扱いやすさ・優れた燃費性能・コスパの高いYZR-M1がいいかな? でも、街乗り用とは別に、走りを楽しむ趣味の2台目として使うのならば、Ninja ZX-25Rが欲しいところ。 ・過酷なブレーキング時にも安定した制動力を確保する、異径対向の4ピストンを備えたモノブロック型キャリパーを採用。また、取り付けはサイドマウント式ではなく、レーシングモデル定番のラジアルマウント式(進行方向にボルト固定したキャリパー)を導入  以上の点で、Ninja ZX-25Rは十二分にサーキットを楽しめるマシンに仕上げられているのが分かる。同車の優れた点は、ストリートで多用する低中回転域での扱いやすさも吟味されているところ。高回転域を多用するサーキット走行はもちろん、街乗りでの扱いやすさもトコトン重視されている。この点を指摘した試乗レポートは下記をチェック。. YZF-R25の話 2017年5月17日水曜日 . 昨年の東京モーターショーで初公開されて以来、小出しにされた沢山の情報で溢れていたカワサキ・Ninja ZX-25Rと同SEが9月10日... 一方、YZF-R25は1万2000回転でMAXパワー(35馬力)を発揮し、レッドゾーンは1万4000~1万5000回転。最大出力はNinja ZX-25Rに及ばないが、ショートストローク型の高回転エンジンならではのエキサイティングな走りが楽しめる。  とはいえ、2気筒でレッドゾーンが1万4000~1万5000回転を可能にしたYZF-R25は、驚くほどスポーティなエンジンであるといえる。  一般的に2気筒は、1気筒あたりの爆発力が4気筒よりも大きくなるため、軽量&小型のピストンで多くの往復運動をこなす、4気筒のような超高回転型にするのは物理的に不可能(2気筒の大排気量車が、超高回転型エンジンでないのは基本的にこのため)。 街中を快適に走るならR3がいいですね。トルクの厚みがある分、信号待ちからの出足が良く、ラクに発進できると思います。またABS付きを求められるのであれば、ABS付きのR25と比べて本体価格で3万円と大差ないのでR3をお勧めしたいですね。. Fブレーキ:シングルディスク + サイドマウント式片押し2ピストンキャリパー  ハイパワーなNinja ZX-25Rは、 YZF-R3は400ccの排気量では実現できない、250クラスの軽い車体にパワフルな320ccエンジンを積んだ面白いモデルです。車検はありますが、軽いバイクで思いっきり回してスポーツライドしたい、通勤からツーリングまでマルチに使いたいという方に持ってこいの1台としてお勧めします。ぜひこの高揚感を味わって欲しいですね。4月20日の発売日以降、お近くのR25&R3展示・試乗店にて、まず一度ご体感ください。, 3月に千葉・NATSサーキット(全長1.2km)で行なわれた販売店試乗会および、天候やコースなど試乗条件はさまざまですが、全国各地で開催した「2015 YAMAHA ニューモデル試乗会」にてYZF-R3 ABSやYZF-R25に試乗された方の感想をご紹介します。モデル選びの参考にしてみてください。※あくまでもお答えくださった方個人の感想です, 最近「BOLT」を購入したばかり。そんな僕にセカンドバイクを意識させてくれたのがR25です。まずデザインに心をつかまれました。実際に乗った印象はヒラヒラと軽快で、コーナーもスムーズ。良く曲がってくれます。自分の意思が反映されている感じです。自分次第で街乗りからスーパースポーツにもなりますね。他の250クラスのバイクも検討しましたが、R25はデザインが自分好み。BOLTはツーリングなどの長距離をメインに、R25は街乗りにと2台持ちしてもバランスがいいので、ぜひ検討したいですね。, 普段乗っているSR400と比べると、取り回りやライディングなどすべてが軽いことに驚きました!そしてSRと曲がり方が違うんです。ハンドルを切るという感じが少なく体を使い、体重移動で曲がるという印象。最初は曲がりにくかったのですが、コツをつかむと、その行為自体が新鮮で楽しかった!思わずR25が欲しくなってしまいました……。, R25は乗りやすくスポーツ性も高いですね。ブレーキの効きやエンジンとシャシーとのバランスも良いので、シートバックを付けてツーリングに行きたくなります。長距離ツーリングにも使えそうです。確かに大型バイクに比べたら、スピードは及ばないかもしれませんが、高速走行も楽々快適そうです。青森くらいまで行けてしまいそうなくらい。サービスエリアなどに止めておくだけでもカッコイイですよね。, R25を買おうと、最終チェックのため試乗会に参加しました。R25の方が軽くて初心者向けとのことだったのでR25だけ試乗。やはり車検も気になりますし……。 実は東京モーターショーの時からR25に惹かれていたんです。実際に乗っても曲がりやすく、初心者でもとっつきやすいところが魅力ですね。R25でライディングの基礎を磨き、将来、R1にステップアップしたいと思っています。まずは街乗りからスタートとして、慣れてきたら友達と一緒にツーリングにいきたいです。, R25はツインだからか、雨の試乗でもシルキーなフィーリングでした。アクセルレスポンスもいいですね。トータルバランスが素晴らしいです。街中走行から通勤、ワインディング、高速走行とどの状態でも使い勝手が良いと思いますよ。維持費も含めて、マニュアルバイクに初めて乗るという方にはR25の方がやさしいでしょうね。, トルクの出方とか、R25は面白く乗れる気がしますね。コーナリング時のフロントフォークのしなり具合もちょうどいい感じなんですよね。R3と比べたら、パワーが少ないかもしれませんが、スッパリ使い切れる楽しさです。, 普段ドラッグスター250に乗っています。同じ250ccクラスとは思えないくらい、いいバイクですね(笑)。加速もブレーキの効きも良く、クラッチも軽い。操作するのが楽しくなります。速く走れそうな気持ちにさせてくれますし。  Ninja ZX-25Rの最高出力は、YZF-R25の35馬力を遥かに凌ぐ、45馬力(ラムエア加圧時は46馬力)を出力。10馬力の差はやはり体感的にも大きく、Ninja ZX-25Rの凄さがよく分かる数値といえる。 せっかく車検があるクラスなら400ccを選びたいという気持ちも分かります。でも400ccまで行ってしまうと重い……。軽快な走りはもちろん、車両の出し入れ、取り回しのラクさを考えると、この軽さはかなりの魅力です。 フロントフォーク:倒立型 フロントフォーク:倒立型SFF-BP(セパレートファンクションフロントフォーク-ビッグピストン)  27.2㎞/L(WMTCモード値 クラス3, サブクラス3-2、1名乗車時)※3 オンロード yzf-r25のアクセサリーをご紹介 .  スタイリッシュな外観、スポーツ性能に特化した走行性能、日常での扱いやすさを調和し、「毎日乗れるスーパーバイク」を具現化したヤマハ YZF-R25 / ABS。 高速道路は余裕で走る、が飽きる。 ... 飽きて飽きて、左手で空気つかんで遊んだり、走行中にギア変えてタコメーター上げ下げしたりするくらい飽きましたとさ。 投稿者 k2 時刻: 15:31. ・Ninja ZX-25R……市街地から高速と郊外を含めて約164kmを走行。レギュラーガソリンの消費量は8.07Lで燃料消費率は20.3km/L(※メーター表示の平均燃費率は21.3km/L) ただ初心者の方は、少しでも軽い方がいいと思うので、可能であればABSのないR25とR3と、それぞれ引き起こしてみてください。 ■ヤマハ YZF-R25(カッコ内はABS) Rタイヤ:150/60R17M/C 66H(ダンロップ GPR300 / ラジアル)  4気筒クオーター独特のエキゾーストノート、並列4気筒エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出す新設計の高張力鋼製トレリスフレーム、クラス初装備のSFF-BPフロントサスペンションやホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションなど、既存の250ccの常識をくつがえす豪華な装備が随所に投入済みだ。 ですので、自分の使い方に合うのはどちらのキャラクターか、きちんと試乗されることをお勧めします。10分や15分、お店の周りを軽く流すような乗り方ではなく、可能であればレンタルバイクなどで1日しっかり走り込んで欲しいですね。R25は低速域でのトルクが薄いなどの声がネット等一部で聞かれますが、きちんとパワーバンドに入れて走るとスペック数値・36馬力以上のフィーリングと鼓動感が感じられ、楽しいことこの上ありません!ミニバイクレースにも最適ではないでしょうか。 ですので、レースレギュレーションや予算の関係で250ccでなければならないというお客さま以外には、R3をお勧めしたいところですが、R25もなにひとつ悪いところがないので(笑)、予算や用途に合わせて、決め打せずに両方を検討いただくのがベストでしょうね。まずは試乗してみてください。, R25最高!文句なし!扱いやすくて今日のコースのような、サーキットなどで走るには最高のパフォーマンスですね。街中でもストレスなく楽しく乗れる1台です。普段、日常の足としても構えず乗れるので、免許取り立ての初心者からベテランライダーまで幅広く楽しめます。ビッグバイクユーザーのセカンドバイクとしてもお勧めしたいですね。 Fホイール:5スポーク 17M/C×MT3.50 Fタイヤ:110/70R17M/C 54S(ラジアル)  超高回転域でMAXパワーを発揮するNinja ZX-25Rは、YZF-R25よりも最大トルクの数値が0.2kgf・m低いのが特徴(この点は、小排気量な超高回転型エンジンの短所だともいえる)。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 乗り出しでは中古の方が高くなっています。低排気量のバイクで起こりやすい逆転現象です。, 多くのお店で見積もりを取り、競わせて安くしてもらいましょう。ただし購入するお店は信頼できるお店で購入しましょう。購入後の整備など250㏄は車検がないので普段からの点検など大事です。, 今乗っているバイクをそのお店で買い取ってもらっても良いのですが、いろいろなお店で査定してもらい1円でも高く買い取ってもらいましょう。→乗り換えするなら、まずは買取無料査定!, ちなみに原付(50㏄)も買い取ってもらえます。僕も免許取ったら…→最安で普通二輪免許取得を目指す, WAKAYAMA U. IZUMI GLOBAL  一方、YZR-M1はMotoGPワーク「YZR-M1」をイメージしたスポーティな外観ながら、スポーツ性能と日常での扱いやすさを調和させた「毎日乗れるスーパーバイク」を目指したモデル。つまり「手軽さ=購入しやすさ」も吟味された1台だ。Ninja ZX-25Rのような最新の電子制御システムはないけれど、車検がなくて維持費が安い、エントリーモデルにもなりやすい250ccに、手軽に触れて欲しい。そんなメーカーの思いが込められている。  37.7km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2 最小回転半径:2.6m  など、YZF-R25の上を行く、Ninjaシリーズの大型スポーツモデルにも採用の贅沢な装備が盛り込まれている。, Ninja ZX-25Rのハンドル位置は、見た目ほど低すぎず、ヒザの曲がりも緩めで見た目以上に楽なポジション。サーキット走行はもちろん、街乗りも十二分に対応。785mmのシート高と絞り込まれたスリムな形状によって足着き性も良好。  Ninja ZX-25Rのエンジンは、ハイパワーな小排気量4気筒ならではの超高回転型仕様。1万5500回転でMAXパワーを出力し、レッドゾーンは1万7000~2万回転というレーシングマシン並みの驚異的な数値。 さらに最高出力が、R3では31kW(42PS)/10,750r/minであるのに対し、R25は27kW(36PS)/12,000r/minのため、タコメーターのレッドゾーン表示を変更しています。 5 yzf-r25 安く手に ... デジタルスピードメーターとアナログタコメーターにledと最高にかっこいいです。ギアポジションも表示されシフトタイミングインジケーターも付いていて初心者にも優しいメーター。 アンチブレーキロックシステム. それでいてR3もいいんです(笑)。トルクがあってパワーがある分、街中走行ではR3の方が扱いやすい。大型二輪免許をお持ちでない人には、価格も手頃でぜひお勧めです。R1を所有していて、扱いきれるかっこいいスーパースポーツとしてR3を選ぶのもありですね。 最大トルク:21N・m(2.1kgf・m)/13,000rpm  Ninja ZX-25Rには「クイックシフター」を採用(※注1)し、クラッチ操作なしのシフトアップ&シフトダウンを可能とした。これにより、ライディングに不慣れなビギナーでも、回転数に関係なく、スムーズな加速とクイックでイージーな減速が可能。超高回転エンジンの特性を楽しめるよう工夫されている。 フレーム形式:ダイヤモンド カワサキがZXR250以来約30年ぶりとなる250ccクラスの新型4気筒スーパースポーツを発表したのが2019年秋の東京モーターショー... 2020年9月10(木)に国内で発売予定の250cc水冷4気筒モデル「カワサキNinja ZX-25R」。新設計のエンジンやフレーム、強靭な足... 二輪業界の話題を牽引する新型車、カワサキNinja ZX-25Rの国内発売日(9月10日)が公式発表され、同時にエンジンの素性も明らか... 2020年9月10(木)に発売予定の250cc水冷4気筒モデル「カワサキNinja ZX-25R」。世界が注目する4ストマルチモデルの国内仕様... ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒・4バルブ・320㎤エンジンを搭載する「YZF-R3 ABS」および、同2... 人気に火がつくと激戦区になる事が多いこの250ccクラス。中でも同様な形式のツインエンジンを搭載するスーパースポーツモデル... ヤマハの人気250ccスポーツ「YZF-R25」「YZF-R25 ABS」の2019年モデルが3月28日に登場。ニューモデルはヤマハのMotoGP マシン... YZF-R25にファン待望の新型が登場。エンジンと車体は従来型を踏襲したマイナーチェンジという位置付けだが、その実はカウルや... 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。, Ninja ZX-25RとYZF-R25はライバルか否か。|250ccスポーツモデルを比べてみる. 見た目がレーサーレプリカっぽいけれど、実際にまたがってみるとネイキッドに近いラクなポジション。試乗した人は絶対に褒める仕上がりです。とにかく乗ってもらえば良さを実感してもらえること間違いなし!まさに“毎日乗れるスーパーバイク”という開発コンセプト通り。その言葉に偽りなしです。 R3は発進時のスピードのノリも良く、街乗りで最高でしょうね。高速道路を使ったツーリングもラクできると思いますよ。いままでリッターバイクに乗っていた人がいきなり250にダウンサイジングするのは、セダンから軽四輪に乗り替えるような抵抗があるかもしれません。ですので、初心者の方はもちろん、そこそこ腕に覚えのあるベテランライダーの方にもR3をお勧めしたいですね。 また、デザインも共通です。外観でぱっと見て変わっている点は唯一、ヒールガードですね。軽量のための穴が空いているかいないか。これがR25とR3とを見分けるポイントになります。 車両重量:184kg  Ninja ZX-25Rよりも低い回転数(1万rpm)で最大トルクを発揮するYZF-R25は、街中で多用する低中回転域で扱いやすく、バイクビギナーでもスムーズに走行できるのがポイント。実走行では、低速域からよく粘るエンジンは、住宅街や市街地のノロノロ走行でも扱いやすく、どの回転域でもスロットルレスポンスに優れ、遅滞無くスムーズに加速を始める乗り味は活き活きとしている。  ショートストローク型の超高回転型エンジンながら、低回転域を使用した街乗りでの扱いやすさも確保。高いレブリミット領域までスムーズに回転し、1万~1万7000回転の範囲では特にエキサイティングなフィーリングを発揮する。  また、スロットルをワイドオープンすれば、1万4000rpmからのレッドゾーンへも難なく吹き上がる。なお、回転上昇の勢いは1万rpmオーバーで緩くなるので、実質的には1万rpm当たりまでの使用が効率良い。引っ張ったとしても、せいぜい1万2000rpmで早めにシフトアップする方が有効的だ。  クラス最高出力の45psを発揮するNinja ZX-25Rは、胸のすく超高回転型の並列4気筒エンジンを搭載。エンジンフィールや実馬力といったスポーツ性の1点に注視するならば、YZR-M1よりもNinja ZX-25Rが上。  水冷4 ストロークDOHC直列2 気筒4バルブ249ccエンジンを搭載したこのモデルは、2014年に発売以来、20 代を中心とした若年層に人気を獲得。2019年にはヤマハのMotoGPワークスマシン「YZR-M1」をイメージした新しいデザインを採用。また、倒立型フロントフォーク、LEDヘッドライト、視認性の良いLCDメーターを導入するなど、走行性能や所有感を大幅に向上させた。  YZF-R25の開発コンセプトは「毎日乗れるスーパーバイク」。スポーツ性能に特化した走行性能と、日常での扱いやすさを調和させたその特性や個性は、かなり過激なNinja ZX-25Rとはやや趣の異なるもの。この点を指摘した試乗レポートは下記をチェック。. 速さよりも、トルクがあって安心して乗れます。このエンジンパワーとブレーキや足回りの剛性感を考えると、R3が本来の姿なのではないかと思わされるくらい。右手とマシンとの挙動がシンクロして、余裕のクルーズが楽しめます。 シート高:785mm Rホイール:10スポーク 17M/C 好調なセールスを誇るヤマハのスポーツクォーターが3月28日に新発売されたのは報告済み。モーターファン.jpでは4人のライダー... ▲Ninja ZX-25RのKQS(カワサキクイックシフター)。SEモデルに標準装備、スタンダードモデルはオプション設定となる。 ■YZF-25R R25 ABSは、全くの初心者の方に。125ccくらいのバイクに乗っていて250にステップアップするような方には、R25。おそらくファミリー特約で保険に入っていて、乗り替えるにあたって保険料が気になると思います。ABS付きとの差額・4万円分を任意保険に回すと考えてはいかがでしょうか?ABSを選ぶなら重量わずか1kgの違いなのでやっぱりR3ですね。信号待ちの多い街の中、発進停止の多い時や高速巡航がラクだと思いますよ。車検があった方が、2年に1度きちんとメンテナンスするので安心ですしね。 Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, 45馬力の水冷4気筒エンジンを搭載したクラス最強のNEWモデル「カワサキ Ninja ZX-25R」。2019年のモデルチェンジで大幅に進化した水冷2気筒のMotoGPワークスマシン・YZR-M1の縮小版「ヤマハ YZF-R25」。250ccという同じ排気量区分で、お互いにフルカウルだが、それぞれのキャラクターにはかなり大きな違いがある。カワサキとヤマハが誇る2台のスーパースポーツ250ccを徹底比較してみよう。 燃料タンク容量:14L スイングアーム本体:スチール製 2:パワーモード選択 以前、他社の250モデルを1日レンタルでガッツリ乗ったことがあるのですが、そのシートは角張っていて、乗るとガニ股になってしまい乗りにくかった。R25やR3はまたがって、素直に足を降ろせて、ポジションは自分好みでした。, R3は予想以上に良いバイクでした。素直でコントローラブルで、結構コーナリング時も突っ込んでいけます。若い頃乗っていた45馬力の250っぽい感じです。 トルクがあるので低速時でもエンストしにくく、出足が安心なので二輪免許を取得したての初心者の方にぜひお勧めしたいですね。ABS※もついていますし。 ※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。 内径×行程(ボア径×ストローク長):60.0mm×44.1mm 軸間距離:1,380mm 最高出力 26kW(35ps)/ 12,000rpm  18.9㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)※3 なかでもクラス最高の出力を目指し、250ccから320ccへボアアップしたエンジンは、ピーク馬力が伸びるだけでなく、低中速域での扱いやすさと中高速域での高揚感、燃費などをバランスさせています。排気量アップによる、豊かなパワーや力強いトルクから、街中でいっそう扱いやすく、高回転域ではよりスポーツ性が高められた動力性能を備えています。 少しでも軽い方がいい、山道やサーキットなど走りたい方、趣味的な使い方、「ガンガン走りたいよ!」という方にはR25ですね。この試乗コースのようにタイトなコースでは、R25は本当に楽しいです。遊べますよ。実際サーキット走行用にR25を検討されているベテランライダーの方もいらっしゃいます。 YZF-R3/YZF-R25の比較、お客様や販売店スタッフの試乗インプレッションをご紹介します。, 軽い車体に320ccエンジン搭載。 ■Ninja ZX-25R  Ninja ZX-25Rはアナログ式タコメーターを中央に配置したレーシーなコックピット。液晶パネルにギヤポジションを表示、その右側に多機能ディスプレイを配置したレイアウトは兄貴分のNinja ZX-6Rと共通。 R25は価格の手頃さを感じさせない作り込みが、さすが「デザインのヤマハ」ですね。, 250クラスに興味があってR25の試乗にきました。R3もあったので合わせて試乗。正直、見た目が同じなので、何が違うか分からなかったし、乗って違いがわかるのか不安でした。でも乗ると全然違いました。それぞれに特徴があることに驚きましたね。 いずれも乗って楽しく、降りて眺めてかっこいいバイク。このR3とR25の登場をきっかけにバイクブーム再燃となることを期待したいです。, R25とR3、わずか70ccの排気量の差とは思えないくらい、全てにおいて感覚が異なりますね。正直、これほど完成度の高いR25がありながら、わざわざR3を出して来たのは、どうしてなんだろう?と思っていましたが、実際乗り比べてみて、その意味が分かった気がします。安心感と楽しさがさらに上乗せされていました。 レッドゾーン:1万7000~2万rpm  なお、一般的にNinja ZX-25Rのような超高回型モデルを、サーキットでスムーズかつ速く走らせるためには、一定のパワーバンド(もっともパワーの出やすい回転数)をキープする必要があるため、適格・適切な(車種によっては神経質な)ミッション操作やスロットルワークが要求される。 総排気量:249cc ※3:WMTCモード値とは、発進・加速・停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。 REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki), 写真はNinja ZX-25R SE KRT EDITION(ライムグリーン×エボニー)。 目に見えない部分では、排気量アップに伴って、エンジンのECUやスロットルボディのアイドル・スピード・コントロールセッティング、エアクリーナーのファンネル長、ラジエーターファン性能、マフラー&エキゾーストパイプなどの細部を専用仕様にしています。, ※速度記号(スピードレンジ)は、規定の条件下でそのタイヤが走行できる速度(最高速度=能力)を示す記号。Sレンジは最高速度180km/h、Hレンジは最高速度210km/h, R3の大きな魅力は、クラスNo.1のパワーウェイトレシオです。250ccクラスの軽い車体(169kg)に320ccのエンジンを搭載したR3のパワーウェイトレシオは4.02。パワーウェイトレシオとは、重量を馬力で割ったもので、数値が小さいほど、加速やスピードが出しやすくなると言えます(あくまでも目安)。R3は250ccクラスだけでなく、一般的な400ccフルカウルスポーツモデルと比べても非常に優れたパワーウェイトレシオを実現しています。, R25の軽い車体に運動性が高まったR3は、R25の乗りやすさそのままに低中速域での扱いやすさが加わって、いっそう取り扱いやすくなっています。プロモーションなどではレーシーなイメージを全面的に押し出していますが、そうしたレーシーな走りが求められるスポーツライディングから街乗りまで、幅広いシチュエーションで楽しく使っていただける仕上がりです。 Fタイヤ:110/70R17M/C 54H(ダンロップ GPR300 / ラジアル)

.

相続税 節税 死後 6, Vba 大文字小文字 自動変換 8, たぬき掲示板 Reality 嫌いな配信者 28, ウタエット プロ 違い 5, Avi Mp4 変換 Aviutl 5, Snow 盛れるスタンプ 2020 12, 冷感マスク 手作り 生地 4, Powerapps Pdf Sharepoint 8, 花 に 亡霊 ピアノ ドレミ 11, ドラクエ10 アクティブユーザー 2020 22, ドーントレス 武器 解放 13, にんにく ホイル焼き 食べ過ぎ 5, Googleフォト Iphone Pc 同期 5, 2スト 原付 おすすめ 10, 請求書 確認 メール 返信 4, 荒野行動 カップル 非表示 52, 3ds スライドパッド 固い 4, 日の出 日の入り 計算 Excel 45, 髭男 Hello 歌詞 6, Graded Readers おすすめ 4, バレーボール ビデオ撮影 コツ 10,