* マルチランゲージ版をご使用になる場合には、システム言語/ロケールをJapanese にする必要があります。 システム要件. 適用対象:Windows Server 2019 Applies to: Windows Server 2019. Este artigo foi traduzido automaticamente. (Haftungsausschluss), Ce article a été traduit automatiquement. - Windows 8/Windows 8 Pro/Windows 8 Enterprise (32ビットおよび64ビット):1GB(最小)、2GB(推奨) * インフォメーションサーバ(IS)の移動機能は制限されます。 企業のファイルサーバは情報交換の場であり、セキュリティ上のリスクになる可能性があります。ネットワーク内部に感染したクライアント端末が存在すると意図せずウイルスに感染したファイルをサーバにアップロードすることで、2次感染の恐れがあります。, ServerProtectは、ウイルス、スパイウェア、ルートキット対策を備え、シンプルで自動化されたサーバセキュリティ運用を実現します。ServerProtectは不正プログラムをリアルタイムで検索、検出します。さらに標準装備のクリーンナップ機能で不正なコードを除去し、システムを復旧します。管理者は1つの管理コンソールから組織全体のサーバに不正プログラム対策の実施、管理、更新を一元的に行うことができます。この堅牢なソリューションにより、企業は、圧縮アーカイブを含むサーバ上のファイルシステム全体を保護し、ウイルスパターンを配布して侵入したウイルスを除去できます。さらに、ダメージクリーンナッププロセスの自動化により、ウイルス感染によるシステムの改変を元に戻すことができます。その結果、ウイルス感染に伴うコストと労力を大幅に削減できます。, ServerProtectは、ウイルスパターンファイルと検索エンジンのアップデートを自動的にダウンロードして、指定されたサーバに配信するように設定できます。差分アップデートのメカニズムを使用するため、指定されたサーバは前回のアップデート以降に追加された新しいウイルスパターンファイルのみをダウンロードします。これにより、ダウンロード時間の短縮とネットワーク帯域幅の保持が可能になります。, ServerProtectは、管理コンソール、インフォメーションサーバ、一般サーバで構成される3層アーキテクチャを採用しています。ファイルサーバ、FTPサーバなど、ServerProtectがインストールされているネットワーク上の任意のサーバを一般サーバとして使用できます。管理コンソールを使用して専用のインフォメーションサーバを設定し、そのインフォメーションサーバで一般サーバを制御します。, ServerProtectは、ウイルス対策を主眼としたサーバ向けセキュリティ対策製品ですが、標的型サイバー攻撃からサーバを守るためには、脆弱性対策や多層防御のアプローチが必要です。Trend Micro Deep Security™(以下、Deep Security)はサーバセキュリティに必要な複数の機能を1つの保護モジュールに実装した総合サーバセキュリティ対策製品であり、脆弱性対策や多層防御の観点から、より堅牢なサーバセキュリティにはDeep Securityをおすすめします。, ※ サーバコアモード対応:Windows Server 2008/2008 R2、Windows2012、Windows2012 R2, サーバ環境:インフォメーションサーバと同等 クライアント環境: 確認しました。 また、下記URL②を参照し、最小システム要件については確認できましたが、 Java 7のシステム要件の詳細は、Java 7のサポートされるシステム構成を参照してください。 Windows. * 弊社で動作確認を行い、サポートの対象となるのは、あくまでもWindows Powered NASです。個々のハードウェアベンダ様から別途提供されているスナップショット等独自のユーティリティの動作に関しては、各ベンダ様にご確認ください。 Visual Studio 2019 のシステム要件 Visual Studio 2019 System Requirements. Java 7のシステム要件. Documentation, https://developercommunity.visualstudio.com/content/problem/332815/visual-c-redistributable-2017-install-removes-visu.html, https://developer.nvidia.com/cuda/cuda-gpus, https://www.citrix.com/products/xenapp-xendesktop/hdx-3d-pro.html, https://www.intel.com/content/www/us/en/servers/data-center-graphics.html, Virtual Delivery Agent(VDA)for Desktop OS, Delivery Controller(ローカルホストキャッシュを使用するには、さらに多くのディスクスペースが必要), 半期チャネル:Pro、Enterprise、Education、Mobile Enterprise(IoT Core Pro EditionはCitrix Receiverでのみサポートされます), Long-term Servicingチャネル(LTSC):Enterprise LTSB Edition, Windows Server 2016、Standard、およびDatacenterエディション。, Windows Server 2012 R2、Standard、およびDatacenterエディション。, Windows Server 2012、Standard、およびDatacenterエディション。, Windows Server 2008 R2 SP1、Standard、Enterprise、およびDatacenterエディション*, Microsoft .NET Framework 3.5.1(Windows Server 2008 R2のみ), Microsoft .NET Framework 4.5.2(4.6~4.8もサポートされます), CU4以降:Windows PowerShell 2.0とWindows PowerShell 3.0以降の両方, Microsoft Visual C++ 2015 Runtime(32および64ビット), SQL Server 2019のExpress、Standard、およびEnterprise Edition。, SQL Server 2017のExpress、Standard、およびEnterprise Edition。, SQL Server 2016 SP1およびSP2のExpressエディション、Standardエディション、およびEnterpriseエディション。, SQL Server 2014 SP1~SP3のExpress、Standard、およびEnterprise Edition。デフォルトでは、Controllerのインストール時に適切なバージョンのSQL Serverが検出されない場合、SQL Server 2014 SP2 Expressがインストールされます。, SQL Server 2012のSP4までのExpress、Standard、Enterprise Edition。, SQL Server 2008 R2 SP2およびSP3のExpress、Standard、Enterprise、およびDatacenter Edition。, SQL ServerのAlwaysOn可用性グループ(基本的な可用性グループを含む), Windows 8.1、Professional、およびEnterpriseエディション*, Windows 7 Professional、Enterprise、およびUltimateエディション*, Microsoft管理コンソール3.0(サポートされているすべてのオペレーティングシステムに付属)。, Microsoft .NET Framework 4.5.2(4.6~4.8もサポートされます)。, Microsoft .NET Framework 3.5 SP1(Windows Server 2008 R2の場合のみ)。, Microsoftインターネットインフォメーションサービス(IIS) 7.0およびASP.NET 2.0。IISと一緒に[静的コンテンツ]の役割サービスがインストールされていることを確認してください。これらがインストールされていない場合は、Windows Serverのインストールメディアを指定するためのメッセージが表示され、自動的にインストールされます。, Citrix User Profile ManagerとCitrix User Profile Manager WMIプラグインがVDAにインストールされていて(インストールウィザードの[追加コンポーネント]セクション)、Citrix Profile Managementサービスが実行されDirectorでユーザープロファイルの詳細を表示できることを確認します。, Internet Explorer 11以降。(Internet Explorer 10は、Windows Server 2012 R2マシンでのみ使用できます。)互換モードはInternet Explorerではサポートされません。Directorを表示するには、Webブラウザーの推奨設定を使用する必要があります。Internet Explorerをインストールする時に、セキュリティおよび互換性に関するデフォルトの推奨設定を適用してください。インストール済みのInternet Explorerで推奨設定を使用していない場合は、[ツール]>[インターネットオプション]>[詳細設定]>[リセット] の順に選択し、表示される指示に従います。, Windows 7 SP1、Professional、Enterprise、およびUltimateエディション*, Microsoft .NET Framework 3.5.1(Windows 7のみ), Microsoft Visual C++ 2013および2015 Runtime(32および64ビット), サポートされるWindowsサーバーOSで、アプリケーションやデスクトップをプロビジョニングできます。, Amazon Relational Database Service(RDS)はサポートされています。詳しくは、, Hotfix 4.2.1~4を適用したVersion 4.2.1以降がサポートされます。, ハイパーバイザーとして、XenServer 6.2(Service Pack 1とXS62ESP1003適用済み)およびvSphere 5.1での動作がテストされています。, CloudPlatformでは、Hyper-Vハイパーバイザーはサポートされません。, CloudPlatform 4.3.0.1では、VMware vSphere 5.5がサポートされます。, 詳しくは、CloudPlatformのドキュメント(使用するバージョンのCloudPlatformのリリースノートを含む)を参照してください。, IGP(Integrated Graphics Processor)またはグラフィックカード上の128MBのビデオメモリ。, Citrix Receiver for Windows(第2世代のFlashリダイレクト機能用) - 第2世代Flashリダイレクト機能には、Adobe Flash Player for Other Browser(「NPAPI(Netscape Plugin Application Programming Interface)Flash Player」と呼ばれることもあります)が必要です。, Citrix Receiver for Linux(第2世代のFlashリダイレクト機能用) - 第2世代Flashリダイレクト機能ではAdobe Flash Player for other LinuxまたはAdobe Flash Player for Ubuntu。, Citrix Online Plug-in 12.1(従来のFlashリダイレクト機能) - 従来のFlashリダイレクト機能ではAdobe Flash Player for Windows Internet Explorer(「ActiveXプレーヤー」と呼ばれることもあります)。, Adobe Flash Player for Windows Internet Explorer(ActiveXプレーヤー), Internet Explorer 11(非Modern UIモード)バージョン7~10のInternet Explorerを使用することもできますが、Microsoftはバージョン11をサポートしており、Citrixもバージョン11を使用することを推奨しています。Flashリダイレクトでは、サーバーにInternet Explorerが必要です。ほかのWebブラウザーを使用する場合、Flashコンテンツはサーバー側で処理されます。, Internet Explorerの保護モードの無効化:([ツール]>[インターネットオプション]>[セキュリティ]タブ>[保護モードを有効にする]チェックボックスをオフ)。変更を反映させるため、Internet Explorerを再起動します。, GPUパススルーは、Citrix XenServer、Nutanix AHV、VMware vSphereおよびVMware ESX(仮想Direct Graphics Acceleration(vDGA))、Windows Server 2016のMicrosoft Hyper-V(Discrete Device Assignment(DDA))で使用できます。, vGPUは、Citrix XenServer、Nutanix AHV、VMware vSphereで利用できます。, 無損失圧縮を含むCPUベース圧縮では、ホストコンピューター上のあらゆるディスプレイアダプター(配信するアプリケーションと互換性があるもの)がサポートされます。, NVIDIA GRID APIを使用する仮想化グラフィックアクセラレーションでは、サポートされるNVIDIA GRIDカードとHDX 3D Proを併用できます(「, 仮想化グラフィックアクセラレーションは、データセンターグラフィックプラットフォームのIntel Xeon Processor E3ファミリでサポートされます。詳しくは、, 仮想化グラフィックアクセラレーションは、AMD FirePro SシリーズサーバーカードのAMD RapidFireでサポートされています(, HDX 3D Proでは、ホストコンピューター上のGPUでサポートされるすべてのモニターの解像度がサポートされます。ただし、推奨されている最低限のユーザーデバイスおよびGPU仕様でのパフォーマンスを最適化するには、最大モニター解像度を1920×1200ピクセル(LAN接続の場合)または1280×1024ピクセル(WAN接続の場合)にすることをお勧めします。, ユーザーデバイスでは、1GB以上のRAMと1.6GHz以上のCPUを推奨します。低帯域幅接続で必要とされるデフォルトの深圧縮コーデックを使用する場合は、より強力なCPUが必要です(ハードウェアでデコードしない場合)。パフォーマンスを最適化するには、ユーザーデバイスに2GB以上のRAMおよび3GHz以上のデュアルコアCPUを推奨します。, HDX 3D Proで配信されたデスクトップやアプリケーションにアクセスする場合、ユーザーのデバイスにGPUは必要ありません。, Windows 8.x、Windows Server 2012、およびWindows Server 2012 R2上で動作するMedia Foundation形式のビデオアプリケーション, DirectShow対応のWebカメラ(Webカメラのデフォルト設定を使用してください)。Webカメラ側のハードウェアエンコーディング機能を使用すると、クライアント側のCPU使用率が軽減されます。, Microsoft SQL Server 2016 SP1 Enterprise、Express、およびStandard Edition, Microsoft SQL Server 2014 SP2 Enterprise、Express、およびStandard Edition, Microsoft SQL Server 2012 SP3 Enterprise、Express、およびStandard Edition, Microsoft SQL Server 2008 R2 SP3 Enterprise、Express、およびStandard Edition, インターネットインフォメーションサービス(IIS)10、8.5、8.0または7.5, Session Recordingサーバーで、通信プロトコルとしてHTTPS、および有効な証明書を使用する場合。Session Recordingでは、デフォルトで推奨プロトコルであるHTTPSが使用されます。, Active Directory統合を無効にし、MSMQ HTTPサポートを有効にしたMicrosoft Message Queuing(MSMQ)。, 管理者ログの場合:Chrome、Firefox、またはInternet Explorer 11の最新バージョン, PlatinumライセンスのXenApp/XenDesktop 7.6.4000(VDA for Windows Server OSのみ。VDA for Windows Desktop OSはサポートされません), Active Directory統合を無効にし、MSMQ HTTPサポートを有効にしたMicrosoft Message Queuing(MSMQ), 2GB RAM(最小)。グラフィックが多用されている録画を再生する場合、特に録画にアニメーションが多く含まれる場合には、RAMおよびCPU/GPUリソースを追加すると、パフォーマンスが向上します。, サーバー:Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2, クライアント(最新のCitrix Receiver for Windowsを使用する場合):Windows 7、Windows 8、Windows 8.1. Section 508 Voluntary Product Accessibility Template(VPAT), Microsoft System Center Virtual Machine Manager仮想化環境, Microsoft System Center Configuration Manager環境, XenAppおよびXenDesktopのNetScaler Gatewayとの統合, Connector for Configuration Manager 2012のポリシー設定, Session Recordingのインストール、アップグレード、およびアンインストール. このトピックでは、Windows Server® 2019 を実行するための最小システム要件の概要を説明します。 This topic outlines the minimum system requirements to … ... ディスクドライブはSSD(Solid State Drive)もしくはeMMC(embedded Multi Media Card)を推奨を推奨します。HDD(hard disk drive)ではOS起動等の処理が遅くなり運用に差し支える場合 … WSUSの推奨スペック情報とWindows Server2012R2の推奨スペック情報を元に sXpIBdPeKzI9PC2p0SWMpUSM2NSxWzPyXTMLlbXmYa0R20xk, Trend Micro Cloud One™ – Workload Security, Intel Pentium 4 2.5GHz、Intel64 3.0GHz、AMD Athlon 2.0GHz 64ビットと同等またはそれ以上のプロセッサ, あらゆる仮想環境上におけるServerProtectの動作検証を実施しているわけではありませんが、ServerProtectに対応したOSの動作が保証されているすべての仮想環境のサポートを提供しております。, TCP/IP、Microsoft Network、RPCサービスがインストール先サーバで実行されていること, 2.5GHz Intel Pentium 4プロセッサまたは3.0GHz EM64T Intelプロセッサまたは2.0GHz AMD Athlon 64ビットプロセッサ (または同等), TEL:03-5334-3601 (9時~12時 13時~18時。土日祝祭日を除く). GOOGLE EXCLUT TOUTE GARANTIE RELATIVE AUX TRADUCTIONS, EXPRESSE OU IMPLICITE, Y COMPRIS TOUTE GARANTIE D'EXACTITUDE, DE FIABILITÉ ET TOUTE GARANTIE IMPLICITE DE QUALITÉ MARCHANDE, D'ADÉQUATION À UN USAGE PARTICULIER ET D'ABSENCE DE CONTREFAÇON. - Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate (32ビットおよび64ビット) またはSP1:1GB(最小)、2GB(推奨) * マイクロソフトによるWindows Server 2008および2008 R2のサポートが2020 年 1 月 14 日に終了することに伴い、ServerProtectでの同OSのサポートは移行期間を考慮して2022年1月31日までとなります。, リアルタイム検索、手動検索、予約検索、導入、ログ記録、統計の特定のワークフローニーズに合わせたタスク別のカスタマイズ, 予約検索タスクを分割し、使用率の高いディレクトリを使用率の低いディレクトリとは異なる頻度で検索, 1日の異なる時間帯に応じたカスタム検索ポリシーの作成とトラフィック分析を可能にすることでリソースへの影響を削減, システム監視、ソフトウェアアップデート、設定変更、イベントレポートをリモートコンソールで集中管理, 単一コンソールから複数のServerProtectインフォメーションサーバを制御し、すべてのサーバにおいて製品をアップデート(※), 複数サーバに対して同時に製品のプログラムとアップデートを配信し、サーバステータスをリアルタイムで監視(※), 不正プログラムの自動クリーンナップ/復旧機能を使用し、サーバから不正プログラムの残存物を除去して再感染を最小化, Windows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition (SP1/SP2含む) (32ビットおよび64ビット), Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition (SP1含む), Windows Storage Server 2008 Standard Edition (SP1/SP2含む), Windows Storage Server 2008 Enterprise Edition (SP1/SP2含む), Windows Storage Server 2008 R2 Standard Edition, Windows Storage Server 2008 R2 Enterprise Edition, Windows Storage Server 2012 Standard Edition, Windows Storage Server 2012 Workgroup Edition, Windows Server 2012 R2 Essentials Edition, Windows Server 2012 R2 Foundation Edition, Windows Server 2012 R2 Datacenter Edition, Windows Storage Server 2012 R2 Standard Edition, Windows Storage Server 2012 R2 Workgroup Edition, Windows Storage Server 2012 R2 Essentials Edition, Windows Storage Serer 2016 Standard Edition, Windows Storage Server 2016 Workgroup Edition, インフォメーションサーバと一般サーバ間のコンポーネント配信を円滑に実行するため、最低128Kbpsの帯域幅を確保することをお勧めします。, RPC接続に使用するプロトコルとして、TCP/IPまたは名前付きパイプのいずれかを使用します。初期設定はTCP/IPです。現在使用中のプロトコルが使用できなくなった場合には、もう一方へ自動的に切り替わります。, * システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。, システム要件のダウンロード(ServerProtect 5.8)(PDF:631KB).

.

イオン 東習志野 行き方, スシロー クーポン レシート, 電験三種 勉強方法 初心者, ディスガイアrpg フェス いつ, イラストレーター 年収 2ch, 学生 クレジットカード 楽天, 韓国語 どう 聞こえる, パワポ ショートカット 文字サイズ, 落合 監督 なんj, Jr東海 Cm 曲 2020, バイク カスタム 依頼, 有名建築 図面 本, Yahooメール ダウンロードできない Mac, ノートパソコン バッテリー 膨張 修理, Mac ディスクユーティリティ 消去 できない, 生田斗真 弟 子供, 軽 自動車 九州一周, アメリカ 大学院 学費免除, Visual Studio ソリューション 複数プロジェクト, 横浜市営バス 158系統 路線図, 日本語能力試験 N4 聴解, バイクジャケット レディース シンプソン,