デバッグを使用可能にする ... コマンドのヘルプを表示する ... msgbox "こんにちは" test.vbsを実行する. Call FirstStep() Dim wshShell Dim proc Visual Studio CodeでGitを使うためのインストールメモ。とは言っても、特に難しいことはなくすぐ出来る。以下、Windows... 端的に言うとBootstrapのOff Canvas的なアレです。ボタンを押すと横からスライドして現れるメニュー。BootstrapのはPC... Microsoftがオープンソースで開発している、フリーのコードエディタであるVisual Studio CodeとNode.jsでJava... 前々より、もしもの時のために付けようと思っていたドライブレコーダーを購入。買った機種はユピテルのDRY-AS400WGAという型番のドライブ... Inkscapeはオープンソースで開発されているドローソフト。iOSアプリ開発に必要なアイコン類を作成するのに使用している。ベクトル画像なの... 今どきこんなメールに引っかかる人、いるんかねぇ。いるから送ってくるのか。句読点の使い方からして微妙な日本語だし。送信元がapple-id.c... わざわざNode.jsでXMLHttpRequestを使わなくてもいいかもしれないけど、使えた方が都合のいい場合もあるわけで、使えるようにす... "新しいファイル"ボタンを押して作成するVBScriptのファイル名を入力する。ここでは、"Test.vbs"としておいた。, F1キーを押して"task"と入力すると、関連のある項目が表示されるので、一番上の"タスクランナーの構成"を選択する。, さらに関連項目が表示されるので、一番下の"任意の外部コマンドを実行する例"を選択する。, Visual Studio CodeとNode.jsでJava Scriptのデバッグ環境を作る. MsgBox TypeName(WScript.CreateObject("Lotus.NotesSession")), vbInformation wscript.exe と cscript.exe の検証方法は同じでしょうか?, もしも、vbs のダブルクリック、関連づけ起動の場合、C:\Windows\SysWOW64(32bit) ではなく、C:\Windows\System32(64bit) 側が呼び出されている可能性を危惧しました。この場合、64bit 版からは 32bit COM を呼べなくて失敗するためです。, フルパスで書かれているので同じ検証方法かもしれませんが、「vbs を実行するとエラーになる」というタイトルであったために、値のために確認しました。(本文内容からは、wscript ではエラーで cscript なら問題ない となるであろうところが、タイトルでは vbs でと書かれていて不思議に感じる次第です), お世話になります。関連付けはいずれもC:\Windows\SysWOW64内のcscriptとwscriptで実施しました。当スクリプトは本来wsfの拡張子を持つものでしたが、私がwsfに疎いこと、簡単化等のため結果が同じ(cscriptではOKだがwscriptではNG)であったため、vbsでのテストスクリプトで相談させていただきました。念のため、テスト用wsfスクリプトの内容とそのエラー結果を追加します。, cmd = cmd & " """ & arg & """" コマンドプロンプトを実行し、以下のコマンドを実行することで、Android アプリのFirebase Analyticsのデバッグモードを有効化できます。 adb shell setprop debug.firebase.analytics.app {package_name} For Each arg In WScript.Arguments '★★★★ その後で本来の処理を実行してください。 http://blogs.wankuma.com/tocchann/,  ソース:Microsoft VBScript実行時エラー, .bat(.cmd)などのバッチファイルの実行は、cmd.exe(コマンドプロンプトの実体)が行います。, そのため、その画面が表示されてしまいます。表示されては困る場合は、.lnk のリンク先(実行パスを書くところ)に、直接、バッチファイルに記述した内容を書くことで実現できます。, わんくま同盟,Microsoft MVP for Visual C++(Oct 2005-) req = getResource("Architecture") '64bit 用で起動しなおす [CDATA[ If req = "" Then Else その他. Wscript.ではなく WScript. VBScriptは「コンパイラが要らない」「実行環境はWindowsがあればいい」、その上「Windowsの動作なら大抵のことが出来る」とちょっとしたプログラムを書くのなら今なお使える言語ですがデバッグが大変です。 そこでOfficeについてくる Visual Basic Editor(VBE)を工夫して使うことで、お手軽にデバッグする方法をご紹介します。 Google Analytics for Firebaseには、アプリから送信されたイベントと、設定されたパラメータを確認するために、Debug View(デバッグビュー)という機能が存在します。, このDebug Viewを利用すると、お手元の端末で送信されたイベントをほぼリアルタイムに確認でき、要件定義どおりに各イベントが動作しているかを確認できます。しかし、このDebug Viewを利用するためには、Android、iOSアプリの両方で作業をする必要があります。, 今回の記事では、Android、iOSアプリでGoogle Analytics for Firebaseのデバッグモードを有効化する手順と、Firebase Console(ファイヤーベースコンソール)でDebug Viewを利用する方法について解説します。, Android Studioをインストールすると、コマンドプロンプトでadbコマンド※を利用できます。, ※adbコマンド(Android Debug Bridge)とは、端末とパソコンとの間で通信を行い、アプリのインストール、デバッグなどが可能になるコマンドラインツールです。 adbコマンドの詳細な利用方法は以下の開発者用ドキュメントをご確認ください。, Android Studioのインストール完了後、起動すると、初期設定が実施されます。初期設定を完了すると、Android Studioが起動します。, 初期設定完了後に上記の画面が表示され、Android Studioが利用可能な状態になります。, 次に、adbコマンドがインストールされたディレクトリを確認します。右下の[Configure]から、[SDK Manager]をクリックします。, [Android SDK Location]を確認すると、以下のディレクトリにadbコマンドを含むAndroid SDK Platform-Tools がインストールされていることが確認できます。, 次に、環境変数を設定します。Android Studioをインストールした直後の場合、adbコマンドは以下のように実行します。, 毎回、adbコマンドがインストールされているディレクトリのパスを指定しての実行は手間がかかるため、環境変数に上記コマンドのディレクトリの部分(C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Local\Android\Sdk\platform-tools\adb)を追加し、コマンド入力を簡略化します。環境変数の設定は以下のように、画面遷移すると表示できます。, コマンドプロンプトを実行し、以下のコマンドを実行することで、Android アプリのFirebase Analyticsのデバッグモードを有効化できます。, {package_name}の箇所には、デバッグモードの動作確認を行うアプリに設定されたパッケージ名を指定します。パッケージ名は、Firebaseコンソールの[プロジェクトを設定]に登録されているアプリの一覧から確認できます。, 下図は、サンプルで作成したプロジェクトの[プロジェクトを設定]を開いた状態です。[パッケージ名]に表示されている、jp.ayudante.firebaseappsamples がデバッグモードを有効化する際に利用するパッケージ名です。, Androidアプリの場合、自身のPC上で作業をすることで、デバッグビューを利用できました。 しかし、iOSアプリの場合、アプリの開発環境Xcode上の設定を行う必要があり、デバッグビューの有効化の作業は、アプリの実装担当者に依頼することを推奨します。, この部分は、アプリの実装担当者の方が行う作業を想定して書かせていただきます。Xcodeのソースが正常にコンパイルできることを確認し、デバッグモードを有効化するためにビルド設定を変更します。, 表示されたダイアログの Arguments Passed On Launchにて、以下の引数を設定する。, デバッグモードを有効化したアプリを実装担当者から共有してもらいます。 実装担当者のPCに、検証に使用する端末を接続してXcodeからアプリをインストールします。, 開発担当者にXcodeからアプリを端末へインストールする際、「端末のUDIDを教えて欲しい」と依頼される場合があります。UDIDとは端末を一意に識別するためのIDです。開発中は事前にUDIDによって特定した端末のみ、Xcodeからアプリをインストール、デバッグできます。, UDIDを確認する場合、iTunesが必要です。Windowsをご利用の場合、Microsoft Storeから入手してください。, iTunesのインストール後、端末をPCに接続します。接続すると、iTunesから端末の情報を閲覧できます。, この画面上の、「シリアル番号」の部分を1回クリックすると、端末のUDIDを確認できます。, このUDIDをコピーし、実装担当者に共有します。実装担当者からアプリのインストール準備が整ったことを報告してもらったら、アプリがXcodeからインストール可能になります。, Android、iOSアプリのデバッグモードを有効化した後、実際にFirebase ConsoleからDebugViewを確認し、イベントが意図した通りのパラメータで送信されているか確認します。, アプリのデバッグモードを有効化した後、アプリを起動します。 その状態で、Firebase ConsoleのDebug Viewを起動します。, お手元の端末でボタンのタップや画面遷移を行うと、Debug View上に端末から送信されたイベントが数秒遅れて表示されます。, Firebase Analyticsで定義されているイベントと送信するパラメータ名とプロパティについては以下の表に記載されています。, 今回は、Firebase Analyticsを実装したアプリのイベント送信を確認する、Debug Viewの利用方法について紹介しました。, デバッグモードを有効化するための手順で、マーケティング担当の方々には馴染みのないコマンドプロンプトの実行などがありましたが、不明な箇所が合った場合は、アプリの実装担当者に相談していただくことで解決できるのではないかと思います。, スマートフォンアプリ、サーバーサイド開発を中心にエンジニアとして従事。アユダンテ株式会社入社後、電気自動車向けの充電スタンド・スポット検索サービス"EVsmart"  の開発を担当。Androidアプリ、iOSアプリ、サーバーサイド開発と幅広く担当。, 最近(過去90日間)の記事で、Facebookの「いいね!」が多かった記事をお見逃し無く。, デジタルマーケティングの即戦力を2日間で育てます! 第17期「企業Web担当者 初級講座」11/12~11/13【2020年11月度】   2,617 いいね!, 【11/9~11オンラインlive】サッポロビール、スシロー、ダイキンなど登壇全60講演   777 いいね!, 加速する時代の変化に対応するための「これからのマーケティング」とは?   478 いいね!, キャリアの軸はPR。軸からスキルを広げてパラレルキャリアを見据えた働き方をしたい   448 いいね!, 「第3回 SNS運用担当者育成 実践ワークショップ」 ~公式アカウント“中の人”が身につけるべきSNSマー ケティング知識とノウハウ~ 12/23(水)オンライン開催   445 いいね!, 「Webなんて仕事にならないよ!」そんな時代に生田さんを支えた本とは?   381 いいね!, 「読まなきゃ」からの脱却を! 生田さんが提案する「本を読む習慣の身に付け方」とは?   364 いいね!, 高校生がなりたい職業、学年が上がるにつれ明確に? 高校1年・2年・3年で1位はすべてバラバラ【LINEリサーチ調べ】   323 いいね!, BtoBオウンドメディアで、月間200万PV超を実現したカオナビの手法   295 いいね!, Facebookいいね!の多い記事Twitterで言及の多い記事はてなブックマーク人気記事, Android、iOSアプリでGoogle Analytics for Firebaseのデバッグモードを有効化する手順と、Firebase Console(ファイヤーベースコンソール)でDebug Viewを利用する方法について解説します。【第6回】. 実際当方では、『MsgBox TypeName(WScript.CreateObject("ADODB.Connection"))』な vbs や wsf が実行できていますし。 Exit Sub Option Explicit  コード:800A01AD また、最初の質問では CreateObject を使っておられましたが、2回目の投稿では WScript.CreateObject を使っておられますね。どちらを使った場合でも結果に変化はありませんか? cmd = cmd & " """ & arg & """" 2016/10/4 If req = "x64" And proc = "x86" Then コマンドプロンプトからではなく、直接実行する方法を探しています。 「C:\Windows\SysWOW64\wscript.exe C:\Foo\test.vbs」への ショートカットファイルやバッチファイル等 ( .lnk / .cmd / .bat など)から実行させれば、32bit 版の方で起動するかと思います。 "Test.vbs"のタブを選択してCtrl+Shift+Bで、ビルドタスクの実行。これで無事に、Visual Studio CodeからVBScriptが実行することが出来るようになったけど、これだけだとサクラエディタとかで書いてるのと大して変わらないので、デバッグが便利になるような方法を模索したいと思う。 x86 ElseIf req <> "x86" And req <> "x64" Then WScript.Quit 500 All rights reserved. proc = "WOW64" End If ElseIf req = "x86" And proc = "x64" Then スクリプトの起動を「コマンドプロンプトから行った場合」と、「管理者:コマンドプロンプト」から行った場合とで、結果に差は生じますか? , 念のための確認です。 指定が無い場合は、32/64bit 判定を省略します。 cmd = """%windir%\Sysnative\WScript.exe"" """ & WScript.ScriptFullName & """" If env.Item("PROCESSOR_ARCHITECTURE") = "x86" Then Dim env 'ElseIf req = "x86" And proc = "x86" Then WScript.Quit 64 ,