Ninja1000のボディはカウルに覆われているので、メンテナンスをしたりする時にはカウルを外さないといけない場面があります。, 少々面倒くさいですが、自分でメンテナンスしたりすると愛着が深くなりますし、バイクの構造を知っておくという意味でも、カウルの外し方は覚えておいて損はないと思います。, ⑷.カウルの内側にある突起がボディに差し込まれているので、その部分をはずす。ただ差し込まれているだけなので引っ張って引き抜きます。(3箇所), ⑸.これでカウルをはずす準備ができました。が、カウル前方にあるツメがボディ側とかみ合っているのでこのツメをはずしながらカウルを引き離します。, カウルを力ずくで引き抜いたり、よじるようにはずそうとするとツメが折れてしまう可能性があります。, 今カウルは固定箇所がはずれている状態ですので、ツメ部分で支えられている状態なのでカウルを保持するようにします。, カウルを少し持ち上げるようにしてツメ部に重さがかからない状態で、ボディ後方に引いて噛んでいるツメをはずします。, カウルをボディ後方に引いてツメがはずれる位置まできたら、ツメをはずすようにしてカウルを取りはずします。, カウルの先端あたりにある黒い樹脂の部分。赤丸の部分にツメがあったっぽいですが、かけてしまった跡がありました。一番折りやすい箇所だと思います。, このツメがないからといって特に不具合があることはありませんが、慎重に扱った方がいいですね。, 走行中にビビリ音とかはないですし、見た目でも隙間ができてしまうようなことはないので、まぁ、しゃーないと思って気にしていません。が・・・。, ⑹.カウルが自由になったら、最後カウルに埋め込まれているウィンカーにつながっているコードをはずします。, ツメが噛み合っているので、うまくはずすためには噛み合っている部分に、カウルの荷重が掛からないようにすることと、ツメがはずれる方向に正しくスライドさせることです。ツメがフック状になっているので、カウルを少し地面側に押し下げると抜けてくれました。ただ、ツメにあまり無理な力は加えないようにしたいところです。, ツメの接合部が引っかかるようになってしまうと、なかなかはずれてくれません。本当は二人掛かりとかだとより簡単にはずせそうですが、上記の点注意してやれば一人で、できました。, カウルの下部のところに砂利や砂が溜まっていると思うので、この機会に掃除をしておきたいですね。, Ninja1000はここがポケットみたいになっているために前輪が巻き上げた砂利や砂を拾って、たまってしまうんですよね。いつも取り払おうとしても取りきれないので、カウルをはずしたタイミングで掃除しておくといいと思います。, チェーンのメンテナンスはそこそこやるにしても、フロントスプロケットの清掃は、カウルをはずしてスプロケットのカバーをはずさないとできないので、見て見ないふりをしがちです。, もし、長い間スプロケットのカバーを開けていないとすると、とんでもなく汚れが蓄積している可能性が高いです。. Ninja1000SXのカウルを取り外す作業は使用工具も少なく、手順さえわかれば比較的簡単にできます。, ショップでお願いする場合はカウルの脱着だけで工賃が結構かかってくると思いますので、できる部分は少しでも自分でやってお金を節約し、カスタム等に回せたらと思い記事にしました。, 一応これで問題なく脱着できましたが、素人がやっていることなのであくまで自己責任でお願いします。, Ninja1000SXのカウルを取り外すのに使う工具は以下の3点があれば取り外すことができます。, これだけあれば付いている物がすべて取り外せ、作業がしづらいという事もほとんどないので慣れれば簡単に取り外しができます。, まずはサイドカウル上部にあるボルトとクリップが1つずつあるので取り外します。クリップは六角レンチで中心を押し込めば取り外しできます。(青○の部分), そしてゴムブッシュにカウルが差し込まれている(赤●の部分)ので引き抜きカウルを浮かせます。, その状態から全体を前方向にスライドさせるようにすれば前側の爪が外れるので取り外しができます。, 戻す際はカウルの爪が穴にしっかり入っていることを確認して後ろ側に押し込んでください。, 次にタンク下にある細長いカバーを取り外します。これはボルト2本が両端にあるのでこれを取ったあと、中央2か所にゴムブッシュが差し込まれているのでこれを外せば取ることができます。, 僕が外した時はシートをそのままつけた状態で行いましたが、事前にシートを取り外しておけば楽に取ることができますので、そうすることをおすすめします。, 一つは左右のカウルがつながっているところのクリップ2つ。もう一つはウインカーの裏あたりにあるクリップ2つです。, ここまできたらメインのカウルにボルトが合わせて左側が5本、右側が4本止まっているので六角レンチで取り外します。, また、ウインカーのカプラーがあるのでこれも取り外してください。この白い部分も取らないといけませんが、両サイドをはさみながら引き抜けば取ることができます。やりにくい場合はドライバー等で片方ずつ押し込んで取ってください。, 左側にはカウルの裏に気温計の配線が付いているのでそのカプラーも取り外してください。カウルを戻すときには付け忘れそうになるので注意してください。, 同じように反対側もこの手順で取り外すことができます。サイドカウル上部の取り外しと取り付けは少しコツがいるので厄介でしたがあとの工程はおおむねスムーズにいきました。, わかりにくいところもあったかもしれませんが、カウルを外す際はぜひ参考にしてみてください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. Ninja1000SXのカウルを取り外す作業は使用工具も少なく、手順さえわかれば比較的簡単にできます。 ショップでお願いする場合はカウルの脱着だけで工賃が結構かかってくると思いますので、できる … ナビを取り付ける際にカウルを取り外しました。 Ninja1000のカウルを取り外す際はツメが割れるのを注意するように、 ということは購入したショップにも言われましたし、ネットでも良く見るので、 かなり気をつけて外し … Ninja1000のボディはカウルに覆われているので、メンテナンスをしたりする時にはカウルを外さないといけない場面があります。 少々面倒くさいですが、自分でメンテナンスしたりすると愛着が深くなりますし、バイクの構造を知っておくという意味でも、カウルの外し方 …

17年式のカウルは、キシミ防止のため以前のものより改良されています。なので、外すのにコツがいります。まずは、このセンタカウルを外さなければ、他の部分を外す事ができません。ネジをプラスチックファスナーの2カ所を外し … ニンジャ1000 カウルの外し方 走行距離2,450km 2018.05.05 【バイク部屋へ】 ・ 標題はカウルの外し方だが、光軸調整の為にカウルをばらすことにした。 この際、面倒なカウルの外し方を整理する。

.

Eダンスアカデミー シーズン 8 メンバー 6, ニコン 距離計 使い方 7, Dash Cam 46z オートバックス 29, Kimo 工具 会社 5, 新生児 手足バタバタ うなる 10, Xmedia Recode 音割れ 15, Tinder デート 誘い方 5, 七五三 7歳 帯 長さ 4, ハイエース Dx ミラー 見やすい 12, ディアマナ Zf スライサー 17, ナルトの父親 判明 何話 5, メタモン 3 匹タスク 7, Ff14 スターターパック Steam 5, ダホン ルート 軽量化 11, キャノン プリンター ローラー交換 23, 婚活 高望み 男 2ch 13, ポルシェ 992 マイアミブルー 5, ビエラ サーバーから正しい応答がありません W35 5, 将棋 クロノ 正体 18, また明日 英語 スラング 9, Cubepdf 文字 薄い 12, 進研ゼミ中学講座 ハイ レベル 変更 5, スマイルゼミ 中学生 インターネット 4, アサヒビール ポスター 歴代 4, ジョジョ エニグマ なんj 7, Chrome タブ切り替え Javascript 6, アイズワン ファンクラブ 退会 5, むずむず脚 症候群 ブログ 8, Vmware Ssd 設定 6, 竹 板 加工 4, トースター チン 仕組み 4, 職場 気になる女性 アプローチ 47, One Vessel Tracking 10, イニエスタ 日本 好き 16, 中学生 男子 頭皮 4, 新任 挨拶 社内 37, 椅子 張替え 横浜 6, ユーチューバー 主婦 人気 9, ラックス Cm 2020 8,