以前poco x3未発送で連絡した者ですが、やすスマさんは届きましたでしょうか? Copyright ©2016Impress Corporation. 仕事柄、スマートフォンだけでなく、ノートパソコンや電源アダプタ、カメラなどの機材をたくさん持って移動しています。でも疲れて「今日はノートパソコン持って歩きたくないな」と思うときがあります。でもスマートフォンだけでは物足りないかも、と思ったときに中間サイズのいいものがありました。タブレットです。, 「HUAWEI MediaPad M5 lite」と「HUAWEI M-Pen lite」, HUAWEI MediaPad M5 liteは、約10.1インチ(1920x1200画素)のIPSディスプレイをもち、OSはAndroid 8.0で同社独自のEmotion UI 8.0を搭載。CPUはHUAWEI Kirin 659 オクタコア (4x2.36GHz+4x1.7GHz)で、メモリが3GBでストレージが32GBのモデル(Wi-Fi/LTE)と、メモリが4GBでストレージが64GB(Wi-Fi)の2つのモデルがあります。, カメラはメインカメラが約800万画素 、インカメラが約800万画素。バッテリー容量は大容量の7500mAhで、急速充電 (9V,2A) に対応しています。筆圧感知2048段階のスタイラスペン「HUAWEI M-Pen lite」が使えるのも大きな特長です。, それぞれの市場想定価格は、Wi-Fiモデルが29,880円 、LTEモデルが37,880円、Wi-Fi 64GBモデル(HUAWEI M-Pen lite、オリジナルスマートカバー同梱)が37,880円となっています。いずれも税抜き価格。, 要するに、ハイエンド性能を維持しつつ、価格はおさえたミッドレンジのタブレットがHUAWEI MediaPad M5 liteというわけです。, Wi-Fiモデルが29,880円(税抜)ってちょっとびっくりしませんか。重さは約480g。カラーはスペースグレーで高級感がある手ざわりで、その価格が想像できません。, サイズは大きすぎず、小さすぎずちょうどよく、それは特に読書のときに感じました。横にすれば見開きの本として見やすく、縦にすると雑誌として見やすい。かといって全体的に威圧感もない。愛用中の鞄のポケットに入るので、気軽に持ち出せます。, スピーカーが4カ所もついていて、しかもHarman Kardonがチューニングを施しているので、音質はバッチリ。コンテンツを楽しんでいるとき、ふと聞こえてくる音が綺麗なので画面の中に没入しやすくなっていると感じました。, 先も触れていますが、HUAWEI MediaPad M5 liteの特長の1つが、同社オリジナルのスタイラスペンHUAWEI M-Pen liteが使えること。バッテリーは単5形乾電池を1本使用。ペンらしいグリップ感と、HUAWEI MediaPad M5 liteと同じ感触で高級感があります。別売りで執筆時点ではAmazonで4,341円(2019年2月22日現在)となっています。, HUAWEI MediaPad M5 liteの画面をスタイラスでタッチすると、プリインストールされている手書き入力用のIMEが起動します。筆圧感知は2048段階ですが、手書き入力の認識精度はかなり高く、ササッと書いた文字でもほぼ変換してくれます(筆者の場合)。迷っているときは候補も表示されるので安心です。, 機能的には書いた文字をテキスト変換するだけなので、「かな」からの漢字変換はできません。もし入力中に漢字を忘れてしまったときは、指で画面をタップすることでソフトウェアキーボードに切り替えられます。, 仕事については後述しますが、プライベート利用で一番よかったのは、Instagramのストーリーズに投稿する写真に、文字をたくさん書き込めたことでした。スマートフォンの画面ではそもそも書き込める文字サイズに限界があります。しかしHUAWEI MediaPad M5 liteは約10.1インチと画面サイズが大きいため、結果的にかなり細かい文字が書き込めるのです。手書きで説明を加えた写真をポストしたいときなどは、タブレットとスタイラスペンの組み合わせはいいなと思いました。, そんなわけで、書き味はよく認識スピードもいいので、下書き用のメモをどんどん書いていくには使えそうな気がしました。長文原稿をバリバリ書いていくなら、当然タイピングがスピーディで便利ですが、調べ物やメモなど、執筆の前段階では手を動かすと頭を刺激している気がします。スタイラスペンが一番活躍するシーンはここ。, 筆者がメモに愛用しているのは「Google Keep」と「Evernote」の2つのアプリです。, Google KeepとはGoogleが提供している無料で使えるメモアプリです。テキスト入力、リスト、録音、図形の描画、写真の貼り込み、録音によりメモを作成でき、メモごとに色づけして付箋紙ように並べられます。iOSとAndroid版のアプリだけでなく、ウェブページからも利用できます。, このGoogle Keepには、どのコーナーにどんなテーマで書くかなど、思いついたネタや、ネタの参考になることのほか、買い物リスト、取材時に質問したいこと、海外出張時に必要な情報などを記入して整理するのに活用しています。, たとえばブラウジング中に、気づいたことはペンでささっと書いて入力。メモ程度ならソフトウェアキーボードで入力するより、手書きのほうが早いのです。, このブラウジング中というのがポイント。タスクボタンを長押しして、画面を左右に分割。左にブラウザ、右にメモアプリにします。そして、画面のスリープ時間を10分以上に変更。これで準備完了です。あとは必要に応じてオリジナルスマートカバーなど、スタンドになるものを用意したら作業開始です。, HUAWEI M-Pen liteを握って、ペン先で左側のブラウザをスクロールさせながらブラウジング。気になるフレーズやテーマ、タスクがあったら、ペンでメモをタップしてから手書きしていきます。, 2つのアプリを並べて使うというのは、機能的に特に珍しいことではありませんが、タブレットでやってみるとその画面サイズから、かなり実用的だと気づくはずです。, ちなみに、Google Keepは付箋紙状のデザインが特に気に入っているのですが、画面が小さいとどうしても書いたメモがどんどん下に埋もれていってしまう。しかし約10.1インチのHUAWEI MediaPad M5 liteで表示すると、スマートフォンで見るより圧倒的に情報量が多く、全体を俯瞰しやすくなります。そういえばそんなことを考えている途中だった、テーマをまだ決めかねているコーナーがあった! など振り返りにも役立っています。, メモからテーマを絞り込んだら、具体的な情報を集めていくわけですが、このとき使っているのがEvernoteです。, Evernoteとはエディタでノートを作成するようなスタイルでメモや情報を保存できるサービス。手書きとテキストの両方で書き込めるだけなく、PDFや文書ファイルを保存することもできます。画像内の文字をテキストとして認識し、検索する機能も備えているので、メモ代わりの写真をどんどん放り込んで、検索して探すといったことも可能。こちらもiOSとAndroid版のアプリのほか、ウェブページからも利用できます。, このEvernoteもブラウザとEvernoteで2画面にすると快適。具体的な使用感などはメモとはいっても多少長くなるのですが、実際にこの記事を執筆するにあたっての使用感などはHUAWEI M-Pen liteでどんどん箇条書きにしていきました。, 書きながら、そのフィーリングをあらためて文字にしていくという不思議な状態でしたが、手書きで文字にしたほうが頭が活性化している感覚がありました。, 私は仕事柄図形を使うことはありませんが、Evernoteは図も手描きできます。しかも描いた図を後から直せるので、思いついたことを描いていくには便利かもしれません。, タブレットにもさまざまなサイズがありますが、今回使ってみて、約10.1インチというのは使いやすいサイズなんだなと気づかされました。, ありきたりではありますが、単体で使うだけでなくノートパソコンにプラスにするともっと便利。となりに置くと情報量が増えますし、メモ専用にもできます。, また、手書きをしているときの感覚というのは、学生時代にノートを取っているのに近いものがありました。原稿を書く前のメモ書きの段階で感じたことをそのままストレートに吐きだしていくのですが、書いて並べていくうちに頭の中が整理されていきます。, これを手書きでやると、よりエモーショナルな部分を刺激されるようなのです。入力効率とは違った側面で、手書きする意味を感じた次第です。, いろいろと変化の多い新生活の時期を迎えますが、思考を刺激する手書きタブレットを持ち歩く、いいかもしれませんね!, ペン対応の10型ミッドレンジタブレット「HUAWEI MediaPad M5 lite」11月30日発売, [PR]企画・製作 株式会社 インプレス 営業統括部 とかなり好条件です。価格も5万円弱と同社のスマホの最上位機種P20よりも安いです。, 競合として,タブレット界隈では2018年春モデル(第6世代)iPadがおすすめとされています。, も相まって,5万強出せばペーパーレスの環境を構築できるというのが非常に研究者界隈で人気となっています。 もちろん修理の対応も迅速です。(連絡だけして放置したマン), 必携アプリについては別記事を参照ください。 オンライン通販のAmazon公式サイトなら、HUAWEI MediaPad T5 10 タブレット 10.1インチ Wi-Fiモデル RAM2GB/ROM16GB ブラック【日本正規代理店品】を パソコン・周辺機器ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。 2019年8月30日に発売された10インチAndroidタブレット、HUAWEI MediaPad T5のレビューです。, 2020年6月時点ではYouTubeなどのGoogleサービスを使える最後のHUAWEIタブレットとなっています。, HUAWEI MediaPad T5は、日本では2018年9月21日に発売された画面サイズ10インチのAndroidタブレットです。, ですがおよそ1年後の2019年8月30日、同一名称のHUAWEI MediaPad T5が発売されました。, いずれのHUAWEI MediaPad T5でも、Google PlayにアクセスしてAndroidアプリをインストールできます。, つまり、Androidタブレットに欠かせない動画サービスであるYouTube、Netflix、Huluなどを簡単に使えます。, (上の写真のMediaPad T5にはカバー付きケースを取り付けています。以下の写真も同様です), 2018年と2019年のHUAWEI MediaPad T5の違いは、ストレージ容量とSIMカード対応の有無です。, 今回レビューするのは、2019年8月に発売されたHUAWEI MediaPad T5です。, 2018年版と違いLTE非対応ですが、私個人としてはLTE・SIMカードに対応したタブレットを屋外で使ったことは一度もないので、Wi-Fiのみで十分だと思います。, ROMが16GBから32GBに、RAMが2GBから3GBに増量されたことで、ストレスなく使えるAndroidタブレットとなりました。, ところで、世界的に報道されている通り、アメリカ政府が「HUAWEI製品には安全保障上のリスクがある」と表明したことで(本当かよ?)、HUAWEIのスマートフォン・タブレットにはGoogle Mobile Services(GMS)を搭載できないことになってしまいました。, ただし、GMSを搭載できないHUAWEI製品は2019年5月17日以降に発売されたもののみですから、2018年9月21日発売のMediaPad T5はYouTubeなどのGoogleサービスを使うことができます。, 米商務省がHuaweiに事実上の「禁輸措置」 スマホやタブレットへの影響は? (1/2) - ITmedia Mobile, このページでレビューするHUAWEI MediaPad T5は2019年8月30日発売の32GBモデルですが、同一名称のモデルが禁輸措置発動前の2018年に発売されていたため、制裁対象とはなっていません。, HUAWEIは2020年6月2日にもタブレット「MatePad」シリーズを発売しましたが、MatePadにはGMSが含まれておらず、通常の手順ではYouTubeなどGoogleアプリを使うことができません。, HUAWEI MediaPad T5と、同じく10インチのAndroidタブレットであるMediaPad M5 lite、そしてAmazonのFire HD 10を比較します。, Androidタブレットは、「音楽と動画を大画面で楽しむ」という用途に向いています。, これらの3機種で異なるのは、まず「Google Mobile Services(GMS)を使えるか否か」です。, Amazon Fire HDはGoogle Playにアクセスできず、Androidアプリを使えません(特殊な方法を使えばGoogle Playへのアクセスも可能です)。, といってもHUAWEIのように制裁を受けているわけではなく、Amazon独自のアプリストアを使う必要があるからです。, 一方でHUAWEIのMediaPad T5とMediaPad M5 liteはいずれも2018年発売でGMSを使えるため、YouTubeやGmailなども簡単に使用可能です。, そのため、コストパフォーマンスだけならばFire HD 10が優れていますが、日常的にYouTubeを使うならMediaPad T5かMediaPad M5 liteのほうが良いでしょう。, 続いてMediaPad T5とMediaPad M5 liteを比較すると、全体的にMediaPad M5 liteのほうが優れています。, MediaPad M5 liteは指紋認証、急速充電、4スピーカー、USB Type-C、タッチペンに対応していますが、MediaPad T5は非対応です。, 言い換えれば、これらの機能が必要なければ、スペックがほぼ同じMediaPad T5でも満足できると思います。, MediaPad T5本体、microUSBケーブルとACアダプタ、説明書、SIMピンが入っています(Wi-FiモデルなのでMicroSD用ピンです)。, HUAWEI MediaPad T5を実際に3ヶ月ほど使用してみたレビューですが、画質は満足できるものの、音質はちょっと残念なレベルといったところです。, 何度も繰り返し述べていますが、MediaPad T5は制裁前に発売されたため、Google Playでアプリをインストールできます。, そのため、YouTubeはもちろんNetflixやHuluも問題なく視聴可能です。, 画面サイズは10.1インチ、解像度は1920 x 1200ピクセルですから、Blu-rayと同等の画質で動画を再生可能です。, 一方で本体スピーカーの音質はあまり良くなく、AMラジオ以上、FMラジオ未満といったところです。, 以前、当ブログではHUAWEI MediaPad M5 liteもレビューしましたが、そちらはタブレットとしては非常に高音質でした。, HUAWEI MediaPad M5 liteレビュー T5および無印M5との違いは?, 優秀なMediaPad M5 liteと比べると、はっきり言ってMediaPad T5は残念な音質です。, ただ、高音質の音楽は楽しめませんが、テレビ番組を見る程度なら音質はそんなに気にならないですし、イヤホンを接続した場合は音質の悪さを意識することがありません。, さらに、HUAWEI MediaPad T5は指紋認証にも対応していないのが残念なところです。, しかし、タブレットで指紋認証が必要なアプリを使うことはあまりないので、不便に感じることはありません。, また、HUAWEI MediaPad T5はUSB Type-Cに対応しておらず、MicroUSB対応のACアダプターで充電する必要があります。, 最近はUSB Type-C対応のスマートフォンが増えてきたのでMicroUSB対応アダプターも別に用意しなければならないのは面倒ですが、それ以外に困ることはありません。, ですが、バッテリー容量が5100 mAhしかなく、20%から80%まで充電するだけで3時間ほどかかるのはちょっと困ったところです。, ちょっと短いですが、HUAWEI MediaPad T5のレビューを行ってきました。, なぜならば、Google Playでアプリをインストールできる10インチのAndroidタブレットが他にほとんどないからです。, 2019年6月以降に発売されたHUAWEIタブレットは(MediaPad T5のように型番を変えなかったものは除き)GMSを使えませんから、選択肢にするのは難しいでしょう。, それに対してAmazonのFire HDシリーズは「コスパ最強」ですが、Google Playが使えず、頻繁に広告が表示されるというデメリットがあります。, ほかにはLenovoやNECも日本でAndroidタブレットを販売していますが、いずれも「価格が高い割には性能が低い」というのが正直な感想です。, 一方でHUAWEI MediaPad T5(2019年版)は実売価格が約2万円で、Android OSのバージョンも2017年リリースの8.0ですから、決して古くはありません(Android 8.0以降なら、大して機能は変わりません)。, 指紋認証がない、充電端子がMicroUSB、スピーカーの音質が良くないというデメリットはありますが、それ以外に欠点もなく、無駄な機能がないシンプルなタブレットであるとも考えられます。, 正直言って、毎日使うスマートフォンでこのスペックだとストレスを感じますが、動画視聴に1日1時間程度しか使わないタブレットですから、そういったデメリットもあまり感じません。, 代替品となる商品も今のところ発売されないので、壊れるまで5年くらいは使い続けたいタブレットだと思いますね。, 2019年までは、日本では「AndroidタブレットのメーカーといえばHUAWEI」という状況でした。, しかし、制裁によってHUAWEI製品がGMSを使えなくなったことで、HUAWEIのタブレットを選ぶ理由がほとんどなくなってしまいました。, 詳しいデータは出しませんが、性能が良くてタッチペンなどにも対応しているタブレットといえばiPadですね。, では、iOS(iPad)ではなくAndroidタブレットといえば? ……というと、HUAWEIを除くとほとんど選択肢がないのが現実です。, 一応、LenovoとNECが日本でもAndroidタブレットを販売していますが、はっきり言ってスペックの割には高いんじゃないかと思います。, Fire HDは前述のようにGoogle Playを使えずAmazon独自のアプリストアを使うため、YouTubeなどのアプリをインストールできません。, SamsungやXiaomiなどもAndroidタブレットを製造していますが、日本では販売されていないのが残念なところです。, つまり日本ではiPad以外のタブレットがほとんど選択肢とならない状態になってしまったのです。, ですから、今回取り上げたMediaPad T5のようにGoogle Playに対応したHUAWEIタブレットを壊れるまで使わざるを得なくなります。, それではさすがに壊れた後に困るので、アメリカ政府がHUAWEIへの制裁を解除してGMSを使えるようになるか、SamsungやXiaomiのAndroidタブレットが日本市場に参入することに期待したいですね。, 当ブログでは基本的に「スマートフォン・タブレットは安い中古を買いましょう」とお伝えしています。, ところがこのHUAWEI MediaPad T5の場合、発売から1年以上経ってもほとんど値下がりしないという状況なんですね。, やはり、「Google Playを使える最後のHUAWEI製Androidタブレット」というところが大きいんでしょうか。, 下の画像をクリックすると、楽天市場のHUAWEI MediaPad T5販売ページに移動します。, ふみびとIoTは、動画や音楽といったエンターテインメントを楽しむ方法をIoTにより簡単・格安で楽しむ方法を提案する、文人(ふみびと…風雅な人)のための個人ブログです。, 広告配信と個人情報の収集に関するお知らせです。詳細は プライバシーポリシー のページをご覧下さい。, 申し訳ありませんが、原則としてコメント欄への返信は行っておりません(例外的に管理者がコメントした場合、名前欄が赤くなります)。返信が必要な場合、 Email: [email protected] にご連絡ください。, エディ橋本…1985年、奈良県奈良市富雄(奈良公園から西に約10km)生まれ。極端な個人主義者かつインドア派。, MediaPad T5を2020年にレビュー Google使える最後の10インチHUAWEIタブレット?, 2019年発売のHUAWEI MediaPad T5ではGoogleサービスを使える!, MediaPad T5と10インチのMediaPad M5 liteおよびFire HD 10を比較, MFi認証のRAMPOW製品を保証に登録して壊れた製品を無料交換する方法 (637), OPPOとXiaomiも制裁対象の危険性? HUAWEIに続きアメリカ政府が規制か (572), MediaPad T5を2020年にレビュー Google使える最後の10インチHUAWEIタブレット? (176), OPPO A5 2020レビュー ColorOS問題とXiaomi Redmi Note 9Sとの比較 (162), 2019年版…Wi-Fiのみ。ROM 32 GB, RAM 3 GB。色はミストブルーとブラック, 2018年版…Wi-FiモデルとLTE対応モデルの2種類。ROM 16 GB, RAM 2 GB色はブラックのみ.

.

コンビニatm 振込 時間 4, 猫 後ろ足 床を 蹴る 7, 20代後半 年収 中央値 6, 子宝に 恵まれ ない人の特徴 4, Core I3 1000ng4 Passmark 5, ソリッドワークス アセンブリ 重い 7, 愛 され て結婚 好きじゃ ない 11, スピード違反 動画 通報 5, 荒野行動 グローバル 位置情報 7, 実習 態度 反省 4, 黒い砂漠 召喚書 ソロ 10, パズドラ 裏列界 遊戯 4, Appbank パズドラ 記事 4, Songs 堂本剛 動画 6, 鮭の塩 麹 焼き カロリー 10, Oracle 年 加算 23, 首都圏模試 偏差値 55 4, Vue Sass Variables 5, フロント インパネ 歪み 17, 男性が 本当に 好きな相手にだけする愛情表現5選が 当たり% 8, Back To Me 和訳 11, 船外機 2馬力 免許 4, Ai Will マスク 30枚 28, 産後 ガードル 犬印 6, マイクラ 蜂の巣 焚き火 17, インスタ 匂わせ まとめ 6, 鈴 ベル 違い 24, 佐藤健 インタビュー 結婚 7, 中華バギー 国産 エンジン 4,