Copyright(C)2019 BELLCO Co, ltd All Rights Reserved. つまり、遠方の叔父や叔母の葬儀であれば欠席しても構わないのです。, これは姻族でも同様なので、妻の親の兄弟や子供、つまり妻の兄弟姉妹以上離れた関係であれば、欠席してても失礼に当たりません。, さらにこれが会社関係の取引関係や同僚の場合は、どのような相手でもあっても欠席しても大丈夫です。, ただし、葬儀に参列できなくても、自分の哀悼の意思を相手に伝えた方がよい場合も多々あります。それは以下の場合です。, まず大原則は「弔事は慶事に優先する」ということです。つまり仮に同じ日に結婚式があるので葬儀は欠席、ということはマナー違反なのです。 ・会社関係の場合はどこまで参列? 以前はNTTでしか扱っていませんでしたが、現在は郵便局やいろいろな通信系会社が、様々な意匠を凝らした弔電を用意しています。, 1つはインターネットでの申し込みです。 └遺族から連絡があった場合 これは非常に難しい問題ですが、どちらも正解でも不正解でもありません。 比較的大きい会社の場合、社長の代理で総務部担当と、直属の上司、同じ部署や親しい社員が参列する傾向があります。一方、少人数の会社で、殆どの社員が顔見知りだったりすると、社長や都合のつく社員、ほぼ全員が参列する傾向があります。, ただ、葬儀に社員全員、部署全員が行くと人数が多すぎて迷惑になる、という可能性もあるので、その場合には、 ただし携帯電話での申し込みの場合は、クレジットカード払いのみとなります。, さらにお悔やみの気持ちを伝えたい場合はお悔やみ状を送りましょう。 ・自分より上の世代6代 送る場合は、香典を同封しましょう。, その場合でも、お札をそのまま現金書留の封筒に入れないようにしましょう。 したがってその場合は、家族葬で一般会葬を断っていない限り、明確な理由がなければ参列したほうがよいでしょう。, また故人とは関係なく、自分または自分の所属する組織が、先方の組織や会社と、葬儀の後も継続して関係が維持されるのであれば、今後の付き合いを考えて参列したほうがよいでしょう。, まず、故人が上司、部下、同僚にとっての家族や親族である場合は、故人とその会社関係者がどのような関係なのかによって判断しましょう。 終活に関する情報を総まとめしているホームページです。お葬式や、相続、遺言、保険、エンディングノートなど終活にまつわる情報を網羅している終活情報を専門に発信していきます。, お通夜や告別式といった葬式に喜んで参列する人ほとんどいません。 └後日弔問に伺う, まず会社や親戚との関係性などによる、ケース別の葬儀に参列すべきかどうかを解説します。, 基本は葬儀への参列はその故人への自分の思いの深さによって判断することが大原則です。 ですから会った回数は少なくても、その人のお世話になったり、忘れがたいと思う場合は参列すればよいのです。, しかしそのような個人的な思い入れがない場合は、参列の基準がよくわからなくなるでしょう。 参列が負担になるが、同じ職場である以上参列しなければいけないのか?という疑問を持つ人もいるでしょう。, この場合は上記のように弔電を送ったり、香典を後日渡すなどすれば問題ありません。 ・配偶者の兄弟 この回答へのお礼. 周りと合わせるのも大切ですね。 └上司、部下、同僚にとって故人はどういう関係か └上司、部下、同僚が喪主の場合 ・親戚関係の場合どこまで参列する? └6親等以内の血族とは └3親等以内の姻族とは. それは故人とのつらい別れの場であることも理由ですが、故人とそれほど深い関係はなかったにもかかわらず、社会的で儀礼的な付き合いによって参列しなければならない場合も思った以上に多いからです。 施主喪主さん向けの内容 2010.09.13 2018.10.23 funeral_service. お通夜に参列するべきなのかどうかは故人との関係性により判断します。もし同僚の親が亡くなった場合に、お通夜には参列するのでしょうか。今回終活ねっとでは、同僚の親のお通夜に行くべきなのか解説していきます。ぜひ参考にしてください。, お通夜に参列するべきなのかどうかという判断は難しく、特に親族でない方の場合にはどうすればいいのか悩んでしまうと思います。もし同僚の親が亡くなったと訃報を受けた場合に、同僚は全く知らない人ではないためお通夜に参列した方が良いのか考えてしまいます。今回「終活ねっと」では、同僚の親のお通夜に行くべきなのかという内容について以下の点を中心に解説していきます。, 会社に勤めている場合には、同僚の親がお亡くなりになる場合があるかもしれません。万が一の際に慌てずに済むように、今回の記事を最後までお読みいただき、参考にしていただけると幸いです。, 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。, 葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。, 「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。, お通夜や告別式は親族以外の顔見知りではない方の場合であっても参列することがあります。同僚の親が亡くなった場合も、顔見知りではなくてもお通夜や告別式に参列した方が良いこともあります。お通夜や告別式に参列するべきなのかという判断基準を理解しておかないと、判断が難しく悩んでしまう方も多くいらっしゃると思います。ここでは同僚の親のお通夜や告別式に参列するかどうかの判断基準などをご紹介していきます。, 同僚の親やその他親族のお通夜や告別式に参列するかどうかは、同僚との親密度などが判断基準になってきます。以下に、同僚と親しかった場合とあまり親しくなかった場合にお通夜や葬儀に参列するべきなのか解説していきます。, 同僚と親しい関係なのであれば、お通夜や告別式には参列するといいでしょう。しかし、同僚の親族全員のお通夜や告別式に参列する必要はありません。同僚の両親や配偶者、子供の場合とその他の親族の場合では判断は変わってきます。, もし同僚の両親、配偶者、子供が亡くなった場合にはお通夜または告別式に参列する方が良いでしょう。両方に参列しなければいけないということはないので、お通夜に参列できなかった場合は告別式に参列するといったスタイルが一般的です。同僚の方と特に親密にされていて、弔意の気持ちをしっかりと伝えたい場合などにはお通夜と告別式両方に参列しても問題はありません。, 上記以外の親族が亡くなった場合には、お通夜や告別式に参列する必要はありません。参列するべきか悩んでいる場合には、会社の上司や他の同僚と相談するようにしましょう。, 会社の同僚ではあるものの、あまり面識がない、あまり親しくない場合にはお通夜や告別式には参列するべきなのでしょうか。こういった場合には、無理に参列する必要はありません。この後ご説明する、同僚の親のお通夜に参列しなかった場合の対応方法を取れば問題はありません。, 最近では葬儀の形式が多様化しており、さまざまな葬儀が執り行われています。特に、親族や親しかった方のみで行われる家族葬は現在選択されるご家庭が増えてきています。もし同僚が家族葬を選択している場合には、お通夜や告別式に参列するべきなのでしょうか。家族葬を選択されているのであれば、自分の判断でお通夜や告別式には参列しない方が良いでしょう。家族葬を行う場合には、故人や喪主の意思により会社関係の方などをお呼びしていないことがあります。無理に参列しようとするのではなく、喪主の判断に従うようにしましょう。, お通夜と告別式が行われる際に、どちらに参列するといいのでしょうか。従来ですと、お通夜は故人の方と親しくしていた人が参列するもの、告別式は故人とお別れをする式であり故人へ弔意を伝えたい方であれば誰が参列してもいいという考えでした。しかし最近では仕事などの関係から、告別式に参列できない方がお通夜に参列するという方法も一般的になってきており、どちらに参列しなければいけないという決まりはありません。同僚の親が故人の場合ですと、会社からお通夜と告別式どちらに参列するか指示されることもあります。その場合には会社の指示に従うようにしましょう。お通夜に参列する際の服装については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。, お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。, 同僚の親のお通夜に予定が合わず、どうしても行くことができない場合もあります。また先程少し触れましたが、同僚の方とあまり親しくなかった場合はお通夜には参列しません。こういった場合には、お通夜に参列をせずに弔意を伝える方法を選択する必要があります。ここでは、同僚の親のお通夜に行かない場合について解説いたします。, お通夜に参列をせずに、弔意を伝える方法の一つに弔電を送るという方法があります。弔電を送る場合には、葬儀の開始時間までに葬儀会場へ送っておく必要があります。弔電を送る際には使用してはいけない言葉などのマナーがあります。例えば、死ぬ、去るなどといった忌み言葉や重ね重ね、しばしばといった重ね言葉は使用してはいけません。この他にも弔電の相場などもありますので、弔電を送る際には事前によく調べておく必要があります。, お通夜や告別式に参列する際に持参する香典ですが、参列していない場合であっても香典を渡すことはできます。香典は故人へお供えするお香の代わりとしてお渡しするもので、遺族の方の突然の出費を助ける意味も込めて送られます。香典を渡す際に注意しなければいけない点として、遺族の方が香典を辞退されていることがあります。こういった場合、無理に香典を渡すと迷惑になってしまうこともあるので辞退されている時には香典は控えるようにしましょう。, 同僚の親のお通夜に行かない場合に香典を渡す方法として、参列する方に代理で渡してもらう方法があります。会社ですと代表者が数名参列するといった方法を取ることがありますので、そういった場合には代表者の方へ香典を渡してもらうようにするといいでしょう。香典袋には誰が渡したものなのか遺族の方が分かりやすいように、名前と住所を必ず記載しておくようにしましょう。, 代理で香典を渡してもらうことが不可能な場合には、後日郵送するという方法もあります。香典を郵送する場合には、不祝儀袋にお金を入れて送るだけでなくお悔やみの言葉を便箋に書き併せて送るようにしましょう。現金書留の封筒に現金をそのまま入れて送ると大変失礼ですので、必ず不祝儀袋に入れるようにしましょう。香典を郵送する場合郵送先は喪主の方の家にし、葬儀から1週間以内、遅くとも1ヵ月以内には届くように送ることを心がけましょう。, 下記の記事では、葬儀の後日で気を付けるべきお悔やみの言葉について紹介しています。ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。, お世話になった方のお通夜や告別式に参列できないこともあるかと思います。そんな場合には、後日どうすればお悔やみの言葉を伝えることができるのでしょうか。今回はお通夜、告別式の後日にお悔やみの言葉を伝える手段や内容についてわかりやすく解説していきます。, 先ほども少し触れましたが、お通夜や告別式に参列する際には香典を持参します。同僚の親のお通夜の場合であっても香典は必要になるのでしょうか。また、香典が必要な場合にはいくら包むといいのでしょうか。ここでは、香典について詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてください。, 同僚の親のお通夜に参列する場合、香典は必要なのでしょうか。香典は故人への弔意を表す方法ですから、同僚の方と親しくされていた場合などには香典をお渡ししましょう。また、会社でお金を集めて一同としてまとめて香典を包むこともあります。, 香典は故人との関係性により、金額相場が変わってくるといわれています。同僚の親が亡くなった場合には香典にいくら包んでおくと良いのでしょうか。以下に個人で出す場合と連名で出す場合の金額について解説をしていきます。, 個人で香典を出す場合には、金額相場は3000円~10000円の間といわれています。香典の金額は自分の年齢によっても変わってきます。自分が20代であれば金銭的負担の関係などから香典として3000円包んでいても問題はありません。年齢が40代50代と高い場合や、同僚の方と親密な関係の場合には10000円程度包んでおくと良いでしょう。, 先程も少しご紹介しましたが、会社で有志で香典をまとめて連名で出すこともあります。連名で香典を出す場合、相場は一人当たり1000円~3000円程度といわれています。香典の額が多くなってしまうと、遺族の方が香典返しをする際に負担となってしまいます。遺族の方の負担とならない金額で包むようにしましょう。また連名で香典を出す場合に注意しなければいけないポイントとして、4や9といった数字の金額にならないようするというものがあります。4や9といった数字は縁起が悪い数字といわれており、香典では控えなければいけません。数名でお金をまとめると、注意していないとこういった数字の金額になりがちなので気をつけておきましょう。香典の金額相場については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。, 香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。, 今回「終活ねっと」では、同僚の親のお通夜についてご紹介してきました。以下に今回の記事の内容をまとめていきます。, 同僚の親のお通夜に参列するかどうかの判断は、親密度や関係性などで決定する。親しくしている同僚なのであればお通夜には参列するようにする。同僚の親、配偶者、子供が故人の場合にはお通夜に参列するが、その他親族の場合には参列はしない。また、家族葬を選択されている場合には参列しても問題ないのか確認しておく。, 同僚の親のお通夜に参列しない場合には、弔電を送る・香典を渡すといった方法で弔意を伝えることができる。香典を渡す場合には、出席する人に代理で渡してもらう方法と後日郵送する方法がある。香典を郵送する場合には、現金書留の封筒に現金をそのまま入れるのではなく、不祝儀袋に現金を入れるようにする。また、葬儀から1週間以内、遅くとも1ヵ月以内に届くように郵送する。, 香典は故人への弔意を伝えるものなので、同僚と親しくしていた場合には包むようにする。また、会社でお金を集めて連名で香典を包む場合もある。, 個人で香典を包む場合には相場は3000円~10000円程度といわれており、自分の年齢や同僚との親密度により金額は変わる。連名で香典を包む場合は、一人当たり1000円~3000円程度が相場といわれている。連名で包む際には、金額が大きくなり遺族の方の負担となる場合もあるので注意が必要である。, 同僚の親のお通夜に参列するべきかどうか、判断に困ることもあります。そういった場合には、同じ会社の方に相談してみるといいでしょう。特に親しくされている同僚の方の親が亡くなったのであれば、弔意を伝えるためにお通夜に参列するようにしてみましょう。最後までご覧いただき有難うございました。香典袋の書き方については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。, 香典袋の正しい書き方をご存知ですか?葬儀の際に必ず持っていく香典ですが、様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回は香典袋の書き方について、表書きや名前、中袋に書く金額や住所氏名などの書き方を中心に解説していきます。, 安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。

.

アイシングクッキー ハロウィン デザイン, ユニクロ 英語 公用語, 辻堂 餃子 カノウ, 町田 天気 気象庁, ハイエース 10人乗り 普通免許, 業務スーパー トライアル どっち, 数字当て ストライク ボール, テレビ局 見学 大阪, 甚平 生地 ユザワヤ, ファミリーマート メニュー パン, バイク アフターファイヤー プラグ, 七つの大罪 合技 一覧, 机 引き出し Diy 100均, 宇都宮駅 新幹線 時刻表, オリックス カーリース ブログ, 広島 東京 新幹線往復 日帰り, ベイスターズ ソト 退団, 太鼓の達人 Switch 買取, Save Our Local Cinemas Tシャツ, 定期 いつから買える Jr, アイシングクッキー ハロウィン デザイン, 立川 誕生日 サプライズ 高校生, ジャニーズ Smile 配信,